コールセンターで働きたい場合には、正社員もしくは契約社員、派遣という雇用形態があります。

また、これらの求人は離職率が高い分、頻繁に募集しているため、応募するチャンスは多めです。



業務内容は、お客からの電話の対応を専門に行うため、クレーム対応や商品の紹介、顧客の満足度調査などとも行うことになります。

一部の部署では、自社の商品の資料送付の手配などを行っています。

次に、この職種はどのような方が向いているかですが、募集自体は経験者も未経験者でも問わずに募集をしているケースがあります。基本的には、専用のマニュアルで事前研修を行ってから業務に入ることになります。

長期勤務している方の傾向として、お客に丁寧に対話できる方で、人と話すのが得意な方、電話越しでお客に対して明るい対応が可能な方ですので、そのような方にとっては働きやすい職種となります。



逆に言いますと、コールセンターはコミュニケーション力が低い方にはあまり向いている職種とは言えません。


続いて、コールセンターに入社してどのようなスキルが身に付くかですが、音声でのみの対応となりますので対面による会話よりも、高い会話力とコミュニケーション力が身に付きます。

また、クレームに対応するだけの精神力や臨機応変に対応するスキルは磨かれます。



一般のコールセンターからキャリアアップしますと、その部署で勤務する方の指導や教育、労務管理などを任せられることもあります。