ドリップコーヒーでちょっとひと息

category01

コーヒーの作り方には浸漬タイプと透過タイプの2つがあり、1つはコーヒーの粉をお湯に浸けておく浸漬タイプと、もう1つはお湯を上から注いで濾す透過タイプがあり、ドリップコーヒーはお湯を上から注いでコーヒーの粉から抽出したものを言います。

自分でドリップコーヒーを作る場合、ペーパーフィルターを使うやり方が人気があり、非常に簡単です。


まず必要な道具をそろえ、お湯を沸かしましょう。



ドリッパーやサーバーなどの抽出用器具、カップやスプーンを事前に温めておきます。次にペーパーフィルターをセットしますが、ドリッパーに少し抑え付けるような感じでセットしましょう。いろいろな器具やフィルターのサイズがあるので、隙間なくサイズに合うものを選んで下さい。

コーヒーの粉をドリッパーに平らに均一に軽く振りかけます。

いよいよお湯を入れるのですが、最初に少量のお湯をコーヒーに入れ、20秒ほど蒸らしましょう。

毎日新聞を知りたいならご活用ください。

この蒸らしが大切で、コーヒーの粉にあるガスが放出され、おいしいコーヒーになることができます。ぽたぽたとサーバーに数滴お湯が落ちてくると、「の」の字を書くようにお湯を数回に分けて注ぎましょう。

最初はやや多めに入れ、その後は中ぐらい、そして少量入れていきます。



お湯は中心に向けて垂直をイメージして注ぎます。

抽出してできたコーヒーは冷めないうちにカップに注ぎましょう。
紙製のドリッパーにあらかじめコーヒーの粉が入っている便利なものも発売されているので、簡単にドリップコーヒーを楽しめます。

驚く情報

category02

私たち現代社会に生きている人々は毎日慌ただしく生活しています。経済のグローバル化はますます進み、世界は休みなく常に動いています。...

subpage

食事の特徴

category02

レギュラーコーヒーの抽出器具にはペーパードリップをはじめフレンチプレス、サイフォンなどが知られています。これらの特徴としてまず手入れが簡単で低コストのペーパードリップは、メリタ式やカリタ式、コーノ式などのドリッパーの上にペーパーフィルターを乗せ、そこにコーヒー粉を入れお湯を注いで抽出するというものです。...

subpage

食事の重要知識

category03

コーヒーと一口に言っても、スーパーや専門店に足を運んでみると、コーヒー豆やレギュラーコーヒー、インスタントコーヒーと多くの種類が売られています。様々な種類のコーヒーの中でも、レギュラーコーヒーは、コーヒー豆をコーヒー豆を焙煎して挽いたものを指します。...

subpage

食事の補足説明

category04

家庭で飲むレギュラーコーヒーと喫茶店のコーヒーの味の違いは何でしょうか。家で、300g1、000円のレギュラーコーヒーをコーヒーメーカーで入れて飲むと、たしかにおいしいのです。...

subpage